投稿者「kenkoukada」のアーカイブ

善玉菌であるビフィズス菌は腸内環境にとってかなり重要な菌

Published / by kenkoukada

ビフィズス菌というものは、ヨーグルトと一緒に取り上げられることが多いので、ちょくちょく「乳酸菌の一種に他ならない」などと言われることもありますが、現実的には乳酸菌とは全然別の善玉菌のひとつです。

ムコ多糖類に属するコンドロイチンに包含されている成分がグルコサミンであり、現実的には、このムコ多糖類が関節とか皮膚の組織の柔軟性をレベルアップし、潤いをキープする役目を果たしているそうです。

人間というのは常にコレステロールを生み出しています。コレステロールというのは、細胞膜となっている成分のひとつだということが証明されており、身体に必要な化学物質を生成するという場合に、材料としても用いられています。

これまでの食事では確保することが不可能な栄養素材を補足するのが、サプリメントの役目だと言えますが、より意欲的に摂り入れることで、健康増進を意図することも大切ではないでしょうか?

中性脂肪というものは、体の中に蓄積されている脂肪の一種と言われます。生命活動の為に体の中で作られたエネルギーの内、要されることがなかったものが皮下脂肪に変容してストックされるのですが、それらのほぼすべてが中性脂肪だとのことです。

従来より体に有益な食材として、食事の際に食べられてきたゴマなのですが、ここに来てそのゴマの成分の一つであるセサミンに熱い視線が注がれています。

生活習慣病の因子だと断言されているのが、タンパク質などと結合し「リポタンパク質」として血液中を行き交っているコレステロールです。

セサミンと言われているのは、ゴマに含まれる栄養の一種でありまして、あの数ミリ単位のゴマ一粒に1%ほどしか含有されていない抗酸化物質である「ゴマリグナン」の中に存在している成分の1つというわけです。

セサミンには血糖値を引き下げる効果や、肝機能を高める効果などを望むことができ、栄養剤に採用される成分として、このところ売れ筋No.1になっています。

1つの錠剤の中に、ビタミンを諸々取り入れたものがマルチビタミンですが、諸々のビタミンをまとめて補うことができるということで、利用する人も多いようです。

留意してほしい事は、満腹になるまで食べないことです。ご自身が要するエネルギーと比較して食べる量が多ければ、それが全て消費されることは期待できませんので、中性脂肪はどんどん溜まることになります。

コンドロイチンと申しますのは、ギリシア語の「軟骨」という意であり、柔らかさとか水分を維持する作用をし、全身の関節が難なく動くように機能してくれるのです。

グルコサミンは軟骨を成長には欠かせない成分で、老化に歯止めをかけるように機能してくれますが、一方のコンドロイチンは、軟骨の保水力もしくは柔軟性をレベルアップさせるのに役立つと言われています。

中性脂肪が血液中で一定濃度をオーバーすると、動脈硬化を早める元凶のひとつになると言われています。そういう事情から、中性脂肪計測は動脈硬化系疾患を防ぐためにも、是非とも受けてください。

コンドロイチンと言いますのは、関節をスムーズに動かすために必要な軟骨に含まれている成分なのです。関節に存在する骨同士の衝突防止や衝撃を緩和するなどの大事な役目を担っていると言えます。